20歳未満の未成年でもキャッシングは利用できる?

★未成年でもお金は借りられるの?

急な出費が重なってお金が足りなくなってしまったときに審査に通過していれば簡単にお金を借りることが出来るキャッシング。大学に進学して初めて一人暮らしを始めたけれど生活費がどうしても足りない、友達と遊ぶお金が後少し足りない時などにキャッシングは大変便利です。しかし、このキャッシングは果たして未成年でも借りることが出来るのでしょうか?今回は20歳未満の未成年であってもキャッシングを利用することが出来るのか解説していきます。

結論から言うと、20歳以上の人よりも方法は限られますが20歳未満の未成年でもキャッシングを利用することが出来ます。ただし、キャッシングを利用するにはそれぞれ条件がありますが、アルバイトやパートなどの安定した収入があることはほとんどの場合必須条件です。

まず、1つ目の方法としては18歳以上対応の学生ローンに申し込むことです。基本的に高校を卒業して就職していたとしても銀行のカードローンや消費者金融は20歳未満の未成年にお金を貸すことはありません。そのため、18歳以上も対象としている学生ローンを申し込むことでお金を借りることが出来ます。

2つ目の方法は、クレジットカードのキャッシング枠を利用することです。クレジットカードは18歳以上であれば作成することが出来、ほとんどの場合ショッピング枠と一緒にキャッシング枠も付帯されています。学生ローンと比べて利用限度額は低いですが収入さえあれば20歳未満の未成年でも融資を受けることができとても便利です。

以上の2つが最もメジャーな20歳未満の未成年がキャッシングをする方法です。高校を卒業して就職したとしても20歳になるまでは未成年として扱われます。18歳、19歳の時期は特に出来そうで出来ないことが多く、キャッシングもそのひとつです。就職して大人になったと思っていても20歳未満だからと未成年として扱われるため銀行系カードローンや消費者金融は貸してくれません。しかし、高校を卒業した後は新生活などが始まり多くの場合多額のお金が必要になります。このお金を工面するためにもキャッシング出来る場所を事前に探しておくことが大切です。また、収入がないとどこのキャッシングも利用出来ないため大学に進学する人や就職しない人は必ずアルバイトやパートをしておきましょう。キャッシングの高等テクニックや厳選解析術を駆使して賢くお金を借り、返済計画を立てたうえでしっかり返すことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする