1日に最大いくら借り入れできる?限度額はどう決まるの?

★気になる疑問を解決!

給料日前でお金が足りなくなってしまった、急にまとまったお金が必要になってしまった、なんてことありませんか?そんな時に役に立つのがキャッシングです。では、このキャッシングは1日に最大いくら借り入れすることができるのでしょうか?また、キャッシングの借り入れの限度額はどうやって決まるのでしょうか?今回はそんな気になる疑問を解決していこうと思います。

結論からいうと、キャッシングを利用する際基本的には1万円から最大その時の限度額までを1日で借り入れすることが可能です。ですが、この限度額は人によってそれぞれ金額が違い利用できる額はキャッシングの審査で確認される“返済能力”と“信用”が大切になっていきます。“返済能力”はキャッシングを利用する時点での年収や勤務先、勤続年数で評価され、“信用”は個人信用情報機関に事故情報があるかないかで判断されます。また、貸金業法による総量規制によって、借入残高は他社のキャッシングサービスとあわせて年収の3分の1までと決まっています。そのため、どんなに返済能力があり信用があったとしても年収の3分の1の金額までしか借りることは出来ません。また、貸金業法の総量規制は前述した通り他社のキャッシングサービスと合わせてのため、何社ものキャッシングサービスから限度額ギリギリまで借りるということは法律上不可能となるので注意しましょう。

では、キャッシングを利用する際に最初に設定された限度額を増額するにはどうすればいいでしょうか?方法は2つ。自分から申請するか、契約しているキャッシングサービス会社から増額の案内がくるか、です。ご自身で申請する場合はインターネットや電話、来店などで申請をして審査が無事に通れば増額することができます。審査に関しては過去の借り入れが滞りなく返済されているか、などの利用実績が大切になっています。そして、2つ目のキャッシングサービス会社からの増額案内ですが、こちらは基本的に電話ですが書面やメールで案内が来ることもあります。増額案内は自分で申請するよりも審査通過率は高いですが必ずしも通るわけではないので気を付けましょう。

キャッシングを利用する際は必ず返済できる額を借りるように心がけ、計画的に返済していきましょう。キャッシングの返済で自転車操業にならないためにも高等テクニックを探し、厳選解析術を駆使して利用することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする