70歳以上の高齢者でもキャッシングを利用する方法

★高齢者でもお金は借りられるの?

急な入院、親戚の冠婚葬祭などである程度まとまった額が必要になった際にお金を簡単に借りることが出来るキャッシング。審査にさえ通っていれば24時間いつでもお金を借りることが出来るため大変便利なサービスです。しかしこのキャッシング、実は年齢制限があるというのはご存知でしょうか?キャッシングはクレジットカードに付帯したサービスのため、下限はクレジットカードを作ることが出来る18歳以上または20歳以上になります。それ以上であれば誰でもキャッシングを利用できると思われがちですが実は違います。ほとんどの場合はキャッシングの利用上限年齢は60歳、65歳、69歳あたりに設定されています。そこで今回は高齢者がキャッシングを利用する方法について解説していきたいと思います。

そもそも、なぜキャッシングの利用上限年齢に70歳以上があまり含まれていないのか。それは70歳以上の人には収入がほとんどないと考えられているためです。大体の場合60代で定年を迎え再雇用で働いたとしても70代まで働く人はあまり多くありません。キャッシングはあくまでお金を返してもらうこと前提のサービスのため収入がない人は利用することが出来ないのです。

70歳以上がキャッシングを利用したいと思った場合、やるべきことは70歳以上でも利用可能なキャッシング業者を探すことです。大手のキャッシング業者では難しくても中小のキャッシング業者であれば79歳まで利用可能にしている業者が少なからず存在しています。そういうところを探して申し込みをすることでキャッシングを利用することが出来ます。また、申し込みをする際には利用限度額を一番低くすることで審査に通りやすくなるため出来るだけ利用限度額は最低値にしておきましょう。

キャッシングはボランティアではなくあくまでも返済してもらうことを前提としたサービスです。通常働いていないであろう70歳以上の人は貸付対象から外れてしまうことがほとんどです。キャッシングを利用しなくてはいけない状況になる前に家族や親せき、行政に相談するなどの対策をとっておいて出来るだけキャッシングを利用しないようにしましょう。また、もしどうしても借りなくてはいけない状況になり借りることが出来たとしても返済できる額を借り、キャッシングの高等テクニックや厳選解析術を駆使して賢く返済することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする