在籍確認なしでキャッシングは可能?職場に電話がくるって本当?

★気になる疑問を解決!

給料日前なのにお金が足りない!急な出費か積み重なった!そんな時に便利なのがキャッシングです。審査にさえ通れば24時間いつでもお金を借りることが出来る便利なキャッシングですが、この審査には在籍確認というものが関わってきます。職場にキャッシング会社から電話がかかって来るという噂もあります。ではこの在籍確認とは一体何なのか、本当に電話がかかって来るのか、そしてこの在籍確認をしないことが可能なのかについて解説していきたいと思います。

在籍確認とは、キャッシングを利用する際の審査に申込者は返済能力があるのかどうかの項目が入っており、申込をしたときに記入した勤務先に電話をかけて本当に働いているかどうかを確認することです。キャッシング会社も企業なので返済能力がない人にまでお金を貸すことはできません。ですので、申込者が虚偽の報告をしていないかを確かめるうえでも在籍確認が行われています。

そして、基本的にこの在籍確認は必ずあります。ごくまれに「在籍確認なし!」を謳っている会社があるかもしれませんがそういうところは闇金業者である可能性が高いので注意しましょう。

ただ、在籍確認が必ずあるとはいえど在籍確認の方法は電話だけとは限りません。電話以外にも書類で確認をとるケースがあります。この場合は社員証や健康保険証など申し込みした際に記入した会社名が明記されている身分証が必要になります。ただし、この必要書類に関してはキャッシング会社ごとに違うため何が必要かは事前に確認しましょう。
また、電話での在籍確認に関してもキャッシング会社名で書けてくることはありません。必ず個人名で電話をかけてきてくれ、申込者が電話に出られなかったとしても席を外していることが分かれば在籍確認はそこで完了します。無事に電話に出た際にはキャッシング会社を名乗ってくれるため周囲にバレてしまう可能性は極めて低いでしょう。

このように、キャッシングを利用する上で在籍確認は絶対に必要な作業になります。また、無事に審査が通ってキャッシングを利用することが出来たとしても事前にキャッシングの厳選解析術を駆使して高等テクニックを調べたうえで、必ず返済できる金額を借りるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする