無職でもキャッシングは可能?収入がない人がキャッシングを利用するには

★無職でも審査は通るの?

会社を退職して、貯金を切り崩して生活をしていても後少しお金が足りなくて困ってしまう状況になったとき。申し込みをして審査に通っていれば足りないお金をすぐに借りることが出来る便利なキャッシング。しかし、もしそのキャッシングを利用したいと思った方が無職だったとしたらキャッシングを利用することはできるのでしょうか?

結論からいうと、無職の人がキャッシングを利用することは非常に厳しいです。無職というのは収入が0で一定の収入がない状態を指しています。キャッシングを利用するにはいくつか条件があり、そのひとつに毎月借りた分の返済が出来る安定した収入があることを必須としています。しかし、現在無職の場合には安定した収入がなく、キャッシングを利用するということは貯金もあまりないだろうと判断され返済能力がないとみなされます。また、親からの仕送りやパチンコ、競馬などのギャンブルで勝って得たお金は収入とは判断されませんので気を付けましょう。

キャッシング会社もあくまで企業です。返済してくれることで利益を得ているため無職の人のように返済能力が著しく低い人にはお金を貸してくれる会社はまずありません。また、無職で収入もなく貯金もない人にお金を貸してくれるという会社はほぼ確実に怪しいと思っていいでしょう。お金を貸して返済する際に法外の手数料や利息を請求され、払えなければ家にまで取り立てにくるなどということにならないように少しでも怪しいと思ったらどんなに良い条件でお金を貸してくれると言われても借りないことが大切です。

無職の人がキャッシングを利用するには定職に就くということが必須条件です。正社員じゃなくてもアルバイトやパートで、少額であったとしても融資を受けられることがあります。もちろん収入に見合った金額しか借りることが出来ないため、少し働いて大金をキャッシングするということは不可能と考えてください。キャッシングを利用する際に返済は避けては通れません。必ず事前に返済計画を立てたうえでキャッシングの高等テクニックや厳選解析術を利用しましょう。また、返済できない額を無理して借りないことも大切です。キャッシングはあくまでも借金、キャッシングを利用してお金を借りたのであれば必ず返してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする