街金とは?闇金との違いや見分け方を解説!

★業者の特徴と見分け方をご紹介

キャッシングや消費者金融について調べた際、闇金などと一緒によく目にする“街金”。今回はこの街金とは一体どのようなものなのか、また闇金との違いや見分け方に関して解説していきたいと思います。

まず、街金とは数多くある貸金業者の中でも大手の銀行や消費者金融会社以外で、地元の人を主な顧客としている中小の貸金業者のことを指します。なぜ“街金”と呼ばれるようになったかというと、昔は貸金業者のオフィスが街中にあることが多かったことに由来しているようです。

では次にこの街金と闇金の違いについて解説していきます。街金は闇金と一緒に名前を挙げられることが多いため怪しい企業なのではないか、違法なのではないかと疑われがちですがそんなことはありません。闇金は法律を守らずに違法な金利での貸し付けや悪質な取り立てを行うのに対して、街金は貸金業法などの法律をしっかり守っている会社を指しています。街金は貸金業者の中では金利は高く審査基準は低いため怪しいと思われがちですがしっかりと法律を守りながら借り入れを行っているので安心していいでしょう。

ですが、キャッシングや街金、闇金の違いがよく分からずに大丈夫だと思ってお金を借りたら実は闇金だったということが残念ながら実際におきています。それでは、この街金と闇金の見分け方について解説していきます。まず、一番大きな見分け方は金融庁のホームページにある登録貸金業者情報検索入力ページに記載があるかどうかです。ここで検索してみて名前がない場合は闇金業者である確率が大きく上がります。また、闇金業者はホームページがないことが多く、あっても表示されている電話番号は携帯の番号であることが多いです。以上を踏まえたうえで法外な金利が提示されていないか、総量規制に違反していないかを確認し、怪しいと思ったらたとえお金を借りることが出来そうであっても近寄らないことをおすすめします。

ここまで、街金とはどういうものか、闇金の違いや見分け方について解説していきましたがご理解いただけましたでしょうか?キャッシングもそうですがお金を借りることを安易に捉えるのではなく、本当にそのお金が必要かどうかを事前にしっかり考えたうえで利用しましょう。また、借りる際も事前に調べたうえでキャッシングの高等テクニックやキャッシングの厳選解析術を駆使して少しでもお得に借りて返済に無理のない金額を借りることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする