キャッシング詐欺とは、手口と対策の厳選解析術と高等テクニック

★皆さんはキャッシング詐欺を知っていますか?

キャッシング詐欺とは、種類が多いため定義は様々ありますが、自分名義のキャッシュカード、口座などから不正にお金を騙し取られることを指します。
キャッシングによる詐欺の手口は、インターネットの普及によって巧妙かつ多様になっています。その手口は巧妙で、だれもが簡単に騙されてしまう高度な詐欺です。

キャッシング詐欺がどれほど危険なものなのか、まずは詐欺の被害が実際どれくらいあるのか知ることから始めましょう。

特殊詐欺(被害者に電話をかけるなどして対面することなく信頼させ、指定した預貯金口座への振込みその他の方法により、不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪(現金等を脅し取る恐喝を含む。)の被害認知件数合計は13,550件で、合計被害額はなんと285億2,335万9,039円となります…!想像もつかない被害総額です。

被害総額は多く恐ろしいことが分かったかと思いますが、実際にどのような詐欺かわからないと想像できませんよね。そこで実際の被害実例をご紹介します。

犯罪の多くはオレオレ詐欺、預貯金詐欺、キャッシュカード詐欺盗、架空料金請求詐欺、還付金詐欺などがあります。今回は最近被害が続出している「キャッシュカード詐欺盗」について説明します。

キャッシュカード詐欺盗とは、警察官などと偽って電話をかけ「キャッシュカード(銀行口座)が不正に利用されている」「預金を保護する手続をする」などとして、嘘の手続きを説明した上で、キャッシュカードをすり替えるなどして盗み取る手口です。電話での説明後に「キャッシュカードの確認に行く」などの名目で私服警察官や銀行協会職員等になりすました犯人が自宅を訪れ、被害者が目を離している隙に、あらかじめ用意しておいた偽のカードと本物のカードをすり替え、被害者が気づかない内に口座から現金を引き出します。

自分は詐欺にあわない、大丈夫と思っていた方もこの詐欺実例を聞いて内心焦った方も多いのではないでしょうか。

まず警察官、銀行協会などの職員が暗証番号を聞いたり、キャッシュカードを封筒に入れさせることは絶対にありません。

今回知った内容に注意して行動する、詐欺被害の実例を知るだけで防げる詐欺があります。
今日知った内容を家族含め共有して皆さんで詐欺を防ぎましょう!
不安を感じたら警察にすぐ電話をしてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする