キャッシングの即日返済、翌日返済をすると利息は発生する?

★利息発生に関する気になる疑問

急な出費でどうしてもお金が足りない、ついつい給料日前に使い過ぎてしまって給料日までの生活費が足りない、そんなときに便利なのが審査に通ればすぐに現金を借りることが出来るキャッシングサービス。お金を借りるということは必ずと言っていいほど利息が発生します。この利息の金額には借入額やキャッシングサービス会社が定めた金利、そして借り入れ日数などが関わってきます。ですので、キャッシングを利用した際なるべく長い期間借りることなく出来るだけ早く返済したいと思いますよね。では、もしも即日返済や翌日に返済した場合、利息は発生するのでしょうか?今回はキャッシングを利用したその日に返済する場合と、キャッシングを利用した翌日に返済する場合に利息は発生するのかを解説していきたいと思います。

まず、キャッシングを利用したその日に返済した場合、利息は発生しません。これは民法140条の初日不算入の原則が適応されるためです。そのため、借り入れ初日は1日としてカウントされずに借り入れ日数が0日になり利息が発生しないということになります。ただし、キャッシングを即日返済した時の利息の扱い方はキャッシングするカード会社によって違うこともあるため、即日返済する前提でキャッシングを利用する際は事前にカード会社に確認しておきましょう。

では、翌日に返済した場合はどうでしょうか。先ほど説明した通り、借り入れした当日は1日としてカウントされません。ですが、翌日であれば1日としてカウントされます。ですので、キャッシングを利用した翌日に返済をする場合は利息が発生してしまいます。ただ、借り入れ日数が1日だけのため利息額は微々たるもの。そこまで心配しなくてもいいかもしれません。もちろん、微々たるものとは言っても翌日に返済した場合利息がついてしまうため無駄な出費を抑えるうえでも出来ることなら借り入れ当日に利息0で返済したほうがいいでしょう。

今回はキャッシングを利用したその日に返済したとき、そして翌日に返済したときの利息に関して解説いたしました。もちろん、出来ることならキャッシングは利用しないほうがいいですがどうしても利用しなくてはいけない場合は事前にキャッシングの高等テクニックを調べたうえで厳選解析術を駆使して計画的に利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする