クレジットカードのキャッシング枠は0円の方が良い!?

★キャッシング枠0円のメリット・デメリットを解説

クレジットカードを契約する際、皆さんがクレジットカードに求めているであろう買い物をするためのショッピング枠とは別にキャッシング枠というものが設けられていることをご存知でしょうか?このキャッシング枠はショッピング枠の一部として見なされるため、キャッシング枠を利用してキャッシングをした場合にはショッピング枠の使える金額は下がります。もともと、クレジットカードを契約するとショッピング枠とキャッシング枠どちらも上限がいくら、と定められていますが実はこのキャッシング枠、0円にすることも出来るのです。では、クレジットカードのキャッシング枠を0円にすることにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

まず、ショッピング枠を0円にするメリットは不正利用された際の被害を最小限に抑えることが出来る点です。万が一、クレジットカードを落として悪い人に拾われてしまうとキャッシング枠の上限までお金を引き出される可能性があります。もちろん落とさないことが大切ではありますがもし落としてしまった場合でもキャッシング枠を0円にすることで引き出される被害を防ぐことができます。もう一つ、クレジットカードを新しく契約する際の審査が少し早くなるという点もキャッシング枠を0円にするメリットといえます。キャッシングはあくまでも借金のため総量規制の対象になります。キャッシング枠を0円にしておけば総量規制に引っかかる心配がないため審査がスムーズに行われ普通よりも少し早い審査結果が届きます。

そして次に、キャッシング枠を0円にするデメリットは突然の出費があったときにお金を借りることが出来ないという点です。キャッシング枠を設けておけばすぐに現金を引き出すことが出来ますがキャッシング枠を0円に設定した場合はお金が引き出せないため別にお金を借りる必要が出てきます。突然の出費にすぐ対応できないと思う場合にはキャッシング枠を0円にせずに少し設定しておくといいかもしれません。

以上、キャッシング枠を0円にするメリット、デメリットを踏まえてどちらにするか検討してみてください。また、キャッシングはあくまでも借金です。お金を借りるということは返す際に利息がかかります。キャッシングを利用する際は厳選解析術を駆使し、高等テクニックを利用して賢くお金を借りましょう。また、返済計画を立てたうえで無理のない範囲で利用することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする