キャッシングを短期間で多重申し込みするとブラックリストに載るってホント!?

★どうして多重申し込みでブラックリストに載るの?

クレジットカードを持っていて審査を通過すれば簡単にお金を借りることが出来るキャッシング。多数のクレジットカードを所有していて、どうしてもお金を借りたい場合に現在もっている全てのクレジットカードでキャッシングの審査に申し込もうとしていませんか?しかし、この短期間でキャッシングを多重申し込みするとブラックリストに載ってしまう可能性があることがあります。今回は、なぜキャッシングを短期間で多重申し込みするとブラックリストに載ってしまうのか、そして載らないようにする対策をご紹介したいと思います。

そもそも、キャッシングを利用する上で欠かせない審査ですが、審査をする際には申込者が記入した個人情報と、申し込まれた業者側が照会する情報の2つを照らし合わせて行われます。この時、業者側が照会する情報の中に個人信用情報というものがあり、この個人信用情報こそキャッシングを短期間で多重申し込みした際のブラックリストに載ってしまう要因です。

個人信用情報とは信用情報機関で保管されている個人の取引事実を登録した情報のことをいいます。この取引事実というのはキャッシングなどの利用額や返済額、任意整理や自己破産の履歴以外に申込先や申し込んだ際の結果も登録されています。この申込先や申し込んだ際の結果というのが今回のブラックリストに載る原因です。短期間に多重申し込みした記録を業者が目にすれば、こんなに多くの業者に申し込んでいると返済してもらえないかもしれないと思われて審査を通過できなくなります。そして、その審査に通過できなかった記録を更に別の申し込み先の業者が見て信用できないと判断され、申し込みブラックの状態になります。

すべての取引事実が永遠に残るというものではなく任意整理や自己破産などは7-10年ほど保管され、申込に関しては約6か月間保管されます。そのため、ブラックリストに載らないようにするには、キャッシングの申し込みを複数行う場合に6か月間は期間をあけて申し込むことが大切です。キャッシングを利用する際にはブラックリストに載らないよう厳選解析術や高等テクニックを使用してお金を賢く借りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする