キャッシングの一括返済のメリット・デメリット

★一括返済でどのような違いがあるのか解説

通常、キャッシングの返済は毎月決まった額を返していきます。それに対し、借りたお金を全額、一度に返すことを一括返済といいます。一括返済によるメリットとデメリットを理解していきましょう。

★メリット

一括返済の最大のメリットともいえるのが、返済する金額の総額を少なくできる点です。なぜ返済総額を少なくできるのか、そこには次のようなことが関係しています。キャッシングを利用すると借りた額とは別に利息を払う必要があります。利息の計算方法は次の計算式で表せます。

一見複雑に見えますが、簡単に言えば借りた期間が長ければ長いほど支払う利息も多くなるということです。キャッシングの場合、月々の支払元金が低めに設定されているケースも少なくありません。その場合、毎月の返済額が少額になり、お得にお金が借りられたという気持ちになってしまうかもしれません。しかし、その分返済期間が長くなり、自分を苦しめてしまいます。一括返済を活用し、一日でも早く返済することが大切と言えます。

もう一つのメリットは信用情報に返済状況の履歴が残るという点です。通常、キャッシングなどの借り入れを行った場合、その金融機関が契約している信用情報機関に債務者の情報が登録され、返済状況が更新されていきます。信用情報には、毎月返済しているかという履歴はもちろん、延滞していないか、滞納していないかといったマイナスの情報もその都度更新されていきます。一括返済によってプラスの信用情報を残し、今後も借りられやすい状況を作っておくことが大切と言えるでしょう。

★デメリット

キャッシングの返済は、月々の定額返済が基本となっているため、一括返済をする際には、別途振込みや手続きといった作業が必要となることが多いです。こうした手間はデメリットといえるでしょう。キャッシングを利用する際は、事前に一括返済の方法についてもしっかり調べておくと、こうした手間を最小限にすることができます。
もう一つのデメリットとして一時的な貯金の減少があります。一括返済をすれば支払総額が減るからといって、自分の貯金を無理に切り崩してまで一括返済をしようとすれば、かえって生活を圧迫することにつながります。せっかく一括返済をしたメリットが薄れてしまうため、計画的に無理のない範囲で返済を行っていくことが重要と言えます。

以上のメリット・デメリットを理解することでお金を借りる上での高等テクニックや厳選解析術を駆使することが可能となり、賢くお金を借りることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする