【徹底解説】専業主婦(専業主夫)はキャッシングを利用できないってホント!?

専業主婦は(専業主夫)は利用できるの?

急な出費でまとまったお金が必要になった際に便利なのがキャッシング。審査に通過していれば小額からでもお金を貸してくれます。もちろん、キャッシング会社も利益が大切なので、働いていない人に貸そうとしてくれるキャッシング会社はないといえるでしょう。では、働いていない専業主婦(専業主夫)がどうしてもお金を借りたいと思ったとき、一体どうすればいいのでしょうか?今回は専業主婦(専業主夫)がキャッシングを利用する方法について解説していきたいと思います。

前述でも少し触れた通り、キャッシング会社も返す見込みのない人にはお金を貸したがりません。また、年収の1/3以上の貸し付けを禁止する貸金業法によって、収入がない人にお金を貸すことが法律で禁止されています。専業主婦(専業主夫)は書類でみれば収入がない人として扱われるためキャッシングを利用するための審査に通過することは出来ないでしょう。

しかし、抜け道もあります。それが配偶者貸付制度というものです。この制度を使うことで収入のない専業主婦(専業主夫)であっても配偶者に収入があれば利用することが可能になります。もちろん、この場合は必ず配偶者の同意を得ていることが条件となるため専業主婦(専業主夫)が配偶者に黙ってお金を借りることは出来ません。ですので、必ず同意を得たうえで配偶者貸付を行っている消費者金融を探しましょう。また、配偶者貸付以外にも銀行であれば貸金業法が適用されないため専業主婦(専業主夫)の申し込みを受け付けているところがあります。

以上の通り、収入のない専業主婦(専業主夫)でもお金を借りることが可能になっています。収入がないからといって諦めたり、闇金などに手を出したりするのは絶対にやめましょう。取り返しのつかない事態になってしまってからではもう戻れなくなります。お金がなくて困っていても必ず助けてくれる制度や会社があるはずなので焦らずに探すことが大切です。また、配偶者の同意が必要になるためお金がないことを配偶者に言えるような関係性を築いておきましょう。キャッシングの高等テクニックや厳選解析術を駆使して賢くお金を借り、無理な返済は避け、必ず期限内にお金を返せるように気を付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする