転職直後でもキャッシングの利用は可能?

★転職後のお金の借り方について解説

転職した直後に急な出費が重なってキャッシングを利用したいと考えたとき、果たしてスムーズに利用することはできるのでしょうか?今回は転職した直後でもキャッシングの利用が可能なのかに関して解説していきます。

まず、キャッシングを利用するには収入証明書の提出が必須になっています。そのため、転職した直後といっても6か月間経過していれば収入証明書も手に入るためほとんどの場合は安心して借りることが可能です。ただ、もし2~3か月の場合には収入証明書は手に入りますが勤続年数がとても短いため大手のキャッシング業者や審査に厳しいキャッシング業者の審査は落ちてしまうかもしれません。そうならないためにも、キャッシングの審査に申し込む際には借入希望額はそれぞれのキャッシング業者の最低金額にして申し込むと審査に通る確率が上がります。

そして、転職してから2~3か月も経っていないという人がもしキャッシングを利用したい場合は転職する際に事前にキャッシングの審査を受けておくことをお勧めします。前職であれば勤続年数もまだ余裕があり収入証明書も簡単に手に入るはずです。その時に審査に通過しておけば転職して勤務先が変わったとしてもキャッシング業者に連絡を入れるだけで問題なくキャッシングを利用することができます。

ただし、1点注意してほしいのは転職前の在籍確認です。基本的に在籍確認は勤務先に個人を装っての電話がかかってきます。しかし、その電話がもし退職が決まって有給消化している間にかかってきた場合電話に出た人が勘違いして退職した旨を伝えてしまうかもしれません。そうすると在籍していないと判断されて審査に落ちてしまうことになります。ですので、キャッシングを申し込む際には有給消化前の期間にするか、退職を周りに伝える前に申し込むことをお勧めします。

キャッシングは審査に通りさえすれば簡単にお金を借りることが出来るため、ついつい歯止めがかからずに借り過ぎてしまう人が多くいます。あくまでもキャッシングは借金です。借りれば借りるだけ利息は増えて返す額は膨れ上がります。ですので、キャッシングを利用する際には返済できない額を決して借りないこと、そして借りる際にはキャッシングの高等テクニックや厳選解析術を駆使して無理のない範囲で借りることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする