キャッシングの返済が出来ない!そんな時にするべきこと、してはいけないこと

★キャッシングで絶対にしてはいけないことを解説

まとまったお金が急に必要になってしまった、どうしてもお金が足りなくて困ってしまった、なんていうときに便利なキャッシング。ですが審査に通れば簡単にお金を借りることが出来るからといって返済できない額をキャッシングしている方はいませんか?また、普段なら返せるはずなのに急な出費や収入の減少でどうしても返すことが出来なくなってしまった、なんて方もいるのではないかと思います。今回はそんな窮地に陥ってしまった時に必ずするべきこと、そして絶対にしてはいけないことを解説していきます。

まず、キャッシングの返済が出来ないと分かった時点でするべきことは速やかにカード会社に連絡をするということです。返済額をなかったことにすることはできませんが支払日や返済額の変更を打診してみましょう。その際は返済の意思があること、またいくらをいつまでであれば返済が可能なのかをしっかり伝えることが大切です。くれぐれも怒鳴り散らすことなく誠意を持って連絡をしましょう。

そして、キャッシングの返済が出来ない際に絶対にしてはいけないことは返済せずに放置することです。放置すればその分遅延損害金や利息は増えていきます。また、信用情報に延滞の記録が残ってしまいます。延滞の記録が残るデメリットは住宅ローンや車のローンが組めなくなり、クレジットカードの新規作成や借入の申し込みが出来なくなるということがあります。信用情報は借りていたカード会社だけではなく他社のカード会社にも見られてしまうため、返済能力がないとみなされ審査に通りづらくなる可能性が高くなるので注意しましょう。

今回はキャッシングの返済が出来なくなった際にするべきこと、してはいけないことを解説していきました。キャッシングの返済が出来ないと分かった時点で隠さずにすぐにカード会社に連絡をして真摯に対応することでその後の信用情報が大きく変わっていきます。キャッシングは簡単にお金を借りることが出来るため歯止めがかからなくなってしまうかもしれませんが、借りる際には返済できる金額だけを借りて、無理のない返済計画を立てたうえでキャッシングの高等テクニックや厳選解析術を駆使してお得にキャッシングを利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする