返済できなくなったら最終的にどうなるのか

★今後の待遇、キャッシングからのダメージ、世間体は?

今では気軽に高等テクニックでキャッシングを利用できますが、その軽い気持ちで借金を抱えてしまうと人生を棒に振る可能性もあります。では皆さんはキャッシングなどをして、借金がこれ以上払えなくなったらどうなってしまうか知っていますか?今回はキャッシングの恐ろしい面をご紹介します。

まず借金を滞納した期間ですが、1か月目は電話などの催促が行われます。2~3か月目は内容証明郵便(郵便局に記録が保管される特別な郵便)で催促状が届きます。
最終的に遅延が長引き、何も連絡せずに無視すると、裁判所からの支払督促や差押えなどの可能性があります。

具体的には簡易裁判所から支払督促が送られてきます。支払督促も無視していると、債権者(貸金業者)の主張が認められ支払督促が確定します。
つまり、差押えをすることも可能になってしまうということです。すべて無視(放置)した場合には、なんと半年~1年程度で差押えになってしまう場合もあります。

また、借金を停滞すると「遅延損害金」がかかります。
遅延損害金とは借金などの返済を滞納した場合に発生する利息のことです。要は罰金です。
債権者は支払期日までは契約により支払いを待ってくれているのですが、支払期限を過ぎても債務者が返済をしない場合には、債権者は督促をする権利が発生します。期限が過ぎれば過ぎるほど遅延損害金は増えていきます。これが借金返済できないループとなり、自己破産につながってしまうということです。

このように厳選解析術キャッシングは便利で簡単にお金を借りれる反面、期間を決めて返済しないと返済金額がすぐに増えてすぐに返済不可になってしまいます。
キャッシングを利用する際にはしっかりと返済できる余裕をもって借りるようにしましょう。また、返済できない場合は知識のある人間に任す(債務整理)ことも大切です。
この債務整理とは、専門知識を持った弁護士や司法書士に依頼し、借金問題の解決を目指す方法です。専門の弁護士や司法書士などに相談することで借金を早く返済できる場合がありますので返済が難しく悩んでいる方は一度相談されてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする