学生でキャッシングをご検討されている方に

キャッシングの高等テクニック

学生でもキャッシングは可能?

★キャッシングの厳選解析術

学生でもキャッシング
大学生になると初めての一人暮らしや友人との交際費など、急な出費が増えて貯金が底を尽きるなんてことがありませんか?家族や友人にお金を借りることが出来ればいいですが、周りに頼れない人も多いはず。アルバイトの給料の振り込みがまだ先でお金が足りず家賃が払えない、携帯電話料金や公共料金の支払いができない・・・。そんな時に頼りになるのがキャッシングというサービスです。

学生でも借りられるのか不安という方も多いと思いますが、実は学生でも一定の条件をクリアしていればキャッシングを申し込むことは可能となっています。その条件とは、20歳以上の大学生・大学院生・専門学生で安定した収入があることです。そもそもこのキャッシングはクレジットカードに設けられたサービスとなっているため、クレジットカードを申し込むときとほとんど同じ条件となっています。

例え、20歳以上の学生であっても安定した収入がない場合は申し込みすることはできません。この、安定した収入があるというとだいたいの人は正社員を思い浮かべますよね。ですがアルバイトであっても毎月しっかり給料が入っている場合は安定した 収入とみなされて申し込みが可能となっています。中には親の仕送りを頼りに生活を送っている学生もいるかと思いますが、基本的に親の仕送りを参考にすることはあっても安定した収入とはみなされず申し込みすることが出来ないのでそこだけ注意しましょう。

学生でも安定した収入があれば大丈夫な場合も!

また、安定した収入があるけれど20歳未満の学生に関しては親権者の承認を得られた場合のみ申し込みをすることが可能になっています。キャッシングは原則として保証人は不要となっていますが、20歳未満の学生の場合は親権者に連帯保証人になってもらうことが多いです。そして、学生本人が返済することが出来なかった際には親権者に請求がいくことになるのでくれぐれも延滞には気を付けましょう。

このように、学生であっても20歳以上で安定した収入さえあれば学生でもキャッシングの申し込みをすることは可能となっています。ですがやはり学生なのでキャッシング枠は一般と比べると信用が低く借りられる金額は少なめなのでそこは留意しておきましょう。そして、キャッシングといっても借金は借金。どうしても周りに頼れずにキャッシングを利用してしまう際には多く借りたりせずに必ず返済できる金額に抑えて借りるよう、返済計画をしっかり立てたうえでキャッシングを利用しましょう。