できるだけ金利が低いキャッシングを選ぶ。

借り入れの上手な使い方

借り入れの上手なやり方

★借り入れの一番賢い返し方

キャッシング,人気
借り入れをした場合、借りた分のお金に加えて利息も支払っていかなくてはなりません。つまり、借り入れした時点で損が出ているということになります。また、種類によっては利息のほかに手数料が必要になってくる場合もありますので、上手なお金の借り方をマスターしてうまく生活の中に取り入れていく必要があります。借り入れをする際に返すときのポイントとしては「できるだけ低い金利のサービスを選ぶこと」そして「なるべく短い期間で返済できるように調整すること」が挙げられます。

できるだけ金利が低いサービスを選ぶことは上手に活用する方法として当たり前のことですが、いくら金利が低くても長期間にわたって利用し続けると結局利息が高くついてしまうことになります。ですので、お金を借りたらできるだけ早く返済できるように先に計画を立ててから借りるようにしましょう。最近では初めて利用する方の為の「無利息期間」を設けている借り入れサービスも増えてきていますので、これらを上手に活用していけば無駄に利息を払う必要がなくなるのでおすすめです。短い期間で返済したほうが良いとは言っても、生活を圧迫するような無理な返済プランを立ててしまうとまたキャッシングのお世話になる可能性が出てきますのでそのあたりも考慮しましょう。

人気のキャッシング会社

1位 プロミス

LP_195x125

プロミスはSMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスが提供しているキャッシングサービスです。銀行系の便利なところは、返済に口座振替が利用できること。また個人事業主向けのプランや、女性向けのお問い合わせ先「レディースコール」などもあり、事業資金を調達したい個人の方も気軽に申込みを行うことができ、主婦の方でもパート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。 初めての利用であれば30日間の無利息期間(※1)があり、最大で500万円までの融資が可能(ただし年収などにより限度額には個人差があります)。
(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

遅延損害金 融資最大額 金 利
20.0%(実質年率) 最大500万円まで 4.5~17.8%
プロミス公式    プロミス詳細

2位 モビット

モビット

モビットの最大の特徴と言えば、何と言っても10秒簡易審査(※1)であると言う点。これは即日キャッシング(※2)会社の中でも、間違いなく最速です。 郵便物や書類のやりとりなどもなく、ネット上で手続きのすべてが完了するため(身分証の画像データを送信する作業があります)、パソコンやスマホがあればいつでもキャッシング可能。 コンビニのATMや、提携している銀行のATMからもキャッシングや返済を行うことができるので、大変便利です。
(※1)10秒簡易審査は、事前審査による結果表示となります。
(※2)申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

遅延損害金 融資最大額 金 利
年率20.0% 最大800万円まで 3.0~18.0%
モビット公式    モビット詳細

3位 ノーローン

ノーローン

ノーローンは新生銀行グループが提供しているキャッシングサービスで、最大の魅力は何度借入しても1週間以内に返済すれば無利息であるという点です。 他金融会社の場合、30日、100日などの無利息期間が利用できるのは初回のみであることを考えると、ノーローンは断然お得な利用が可能となります。 またノーローンの利用で楽天のスーパーポイントも貯まるという特典が付きであることも、人気のヒミツ☆お得に利用してポイントまで貯まるのはノーローンだけ!

遅延損害金 融資最大額 金 利
年率20.0% 300万円まで 4.9~18.0%
ノーローン公式    ノーローン詳細

※各社の公開している情報を基にした、当サイト独自の基準によるランキングです。

繰り上げを活用しよう

★繰り上げを活用

キャッシングは月々に決まった返済額を返済していく方法もありますが、毎月最低の返済額が決められている一方でお金に余裕があるときは多めに返済することができるものもあります。これを「繰り上げ返済」というのですが、繰り上げ返済を上手に活用することができればキャッシングのトータルでの返済額を大きく減らすことができる可能性が高まります。例えば、今月は思わぬ収入があったのでこれを繰り上げ返済に充てよう、いつもなら出費しなくてはならないものが今月は出費しなくても済んだから繰り上げ返済に充てよう、といった場合が考えられます。もちろん、ボーナスも繰り上げ返済のチャンス。

キャッシングで返済しなくてはならない金額は借入金額+利息となります。この繰り上げ返済を上手に活用していけば借入残高をどんどん減らすことができるため、結果的に早く返済し終わる、これが不必要な利息が生じてしまうのを防ぐことができるというわけです。ですので、もしもより計画的に活用したいという場合はボーナスなどの繰り上げ返済ができるチャンスを計画の中に組み込んでおくとより無駄のないスムーズな活用が可能となります。とはいえ、こちらの場合も無理に繰り上げ返済をして生活を圧迫させてしまうと結果的にまたキャッシングに頼らざるをえない場合も考えられるので慎重に検討しましょう。